ホテルフォルツァ博多


ホテルフォルツァ博多という人気ホテルが博多駅を出てすぐ目の前にあります。
同じ界隈に大型ショッピングモールや日本一の規模を誇る博多駅ナカでショッピングを楽しんだ後のリラックスタイムに最適です。
観光する女性のイラスト博多駅周辺には博多のシンボルである博多タワーや幅広い演技を堪能できる劇場、あるいは太宰府天満宮や櫛田神社などの歴史的建造物そして博物館や美術館、大型アウトレットモール、自然公園、多目的ドームいった具合に古いものと新しいものとが混在し、見て、買って、食べて、遊んで大満足の多彩な表情を見ることができる施設に恵まれている事に加えて、四季折々の催事を楽しめる観光都市が広がっているのです。

博多駅もJR博多シティの愛称で地元からも愛される複合型商業施設になっていますし、周辺のショッピングモールとも地下街で連携していますから、雨の日でも困る事がありません。博多が他の地域と違っているのは飛行機での来訪者も多い事です。最寄りの飛行場からは徒歩で6分ほどですしタクシーなら10分足らずというアクセスの良さが人気の1つとなっています。

遠方から訪ねてきたのに悪天候の中を進むのはさすがに気が引けるという人も多いと予測されますから、最寄り駅からも目的地からも数分先にあるという立地は、とても助かります。ビジネスホテルとしての需要がある一方で室内、およびロビーに至るまで茶系統の落ち着いたインテリアと、きめ細かい心配りでゆったりとくつろぐ事がきます。心配りはシャワーにも及んでいます。広い空間に多機能シャワーおよび女性にも男性にもうれしいアメニティを完備しています。


関連記事

博多東急REIホテル

{ Comments are closed }

博多東急REIホテル


博多は季節ごとのお祭りやイベントが目白押しでいつ来ても感動できるのですが、出張で訪れるビジネスマンも多い事から格安なビジネスホテルも駅前にいくつも見つける事ができます。特によく知られているのは博多東急REIホテルですが、東急グループの博多支店というだけあってお得感においては他のホテルにひけをとりません。

ビジネスホテルの中には安かろう悪かろうの劣悪ホテルも少なくありませんが、博多東急REIホテルに関してはがっかりさせない要素が豊富ですから利用して良かったと思うはずです。実際口コミを見ても高い評価を受けている事が明白です。ゆったりとしていて広々とした無料のゲストラウンジでは朝食をとる事ができ、ネット利用はもちろん新聞や雑誌もゆっくりと閲覧する事ができますから、我が家にいるようにくつろげますし、飲み放題のドリンクサービスも完備されています。

シャンプーボトル(アメニティイメージイラスト)博多東急REIホテルにはレディスフロアも完備されていますから、特に女性同士の観光でも安心して利用できます。
肝心の室内空間ですが細部にまでこだわったアンティークやアメニティがリピートを生むきっかけになっています。
特にシャワールームでは博多東急REIホテルならではの工夫や心配りがされていて、文字通りのくつろぎと快適空間を堪能できますから、日中観光で楽しんだ後で旅の疲れを癒すのにもってこいの環境です。
博多には航空で訪れる客も多い関係で航空券付き予約システムも準備されています。最低価格保証がされている他ネット予約割引や会員特典でホテル内施設を無料で利用できるなど、ただでさえ安く利用できるものをさらにお得に利用できるサービスも満載です。


参照サイト

【公式】博多 東急REIホテル 宿泊予約

関連記事

ホテルフォルツァ博多

{ Comments are closed }

博多駅周辺のホテル


大宰府博多はかつて筑前国とよばれ中国との貿易で栄えた港町であり、今でも駅周辺には由緒ある歴史的建造物が立ち並んでいるのと同時に近代的建物も混在する、見所満載のユニークな町です。特に有名なのは太宰府と黒田官兵衛氏の名前です。太宰府は日本書紀など古文からもわかるように、大和王朝時代から続く日本初の政府機関であり、ここから遣唐使や遣隋使が派遣されていった他日宋貿易も盛んに行われていました。

一方で大陸から蒙古の襲来を受けるなど良いにつけ悪しにつけ古来より日本の玄関口としての役割も担っていたのです。もっとも黒田官兵衛氏は福岡に由来する戦国武将ですから博多との直接の因果関係はないのですが、博多と福岡が歴史的合併をした明治以降から現在にいたるまで、かつて黒田官兵衛氏がテレビメディアで取り上げられて話題となった影響もあって、太宰府天満宮を初めとする史跡を訪れる観光客が増えています。太宰府天満宮は知る人ぞ知る学問の神さま菅原道真公を祭った神社であり多くの参拝客でにぎわっています。

かと思えば全長234mの日本一高いラウンドマークや一大アミューズメントパークのような博多駅ビル、あるいは広大なスポーツ公園や自然公園のような施設があるなど、博多駅周辺を散策するだけでも余裕で半日から一日を過ごす事ができます。多彩な表情が楽しめる文字通りエキゾチックな雰囲気を漂わしている町でもあり、中でも博多駅は九州で最初にできた駅で、規模の大きさなど駅そのものが観光名所と言って良いほどです。特に屋上展望台から博多市内を見下ろすパノラマは圧巻です。次にホテルを見つけなければいけませんが、豪華さを満喫するのと共にリーズナブルに利用できるオススメホテルをすぐに見つける事ができます。

{ Comments are closed }